探す前にまずは目を通しておこう

贈り物

身体と心を癒す

敬老の日に何を贈るべきか悩んでいるのであれば、ランキングをチェックしてみるのが一番です。また、おじいちゃんやおばあちゃんのご老体の事もしっかりと考えて選びましょう。

READ MORE
婦人

幸せを感じる食べ物

スイーツをギフトに選ぶのは、今では一般的とも言えるでしょう。和菓子から洋菓子まで豊富な種類が用意されているので、見てるこっちが食べたくなるほどです。口いっぱいに広がる上品な甘さを楽しんでもらえるでしょう。

READ MORE
男女

様々なシーンにマッチ

様々なシーンでお花が活躍しています。見た目や香りを楽しめるので、貰って困る人はいないでしょう。枯れないお花として知られるプリザーブドフラワーが注目を集めています。加工を施し、長期間飾っておく事を可能にしました。

READ MORE
家族

気持ちを込めた贈り物

敬老の日には、祖父母の趣味に応じてプレゼントを贈るのが一番です。好きな食べ物はもちろん、日用品をプレゼントするのも良いでしょう。子供や孫からのプレゼントなら、より嬉しく感じてくれるはずです。

READ MORE

おじいちゃんやおばあちゃんの満足度調査

no.1

第一はやっぱりコレ

子供や孫からは何を貰っても嬉しいものですが、とくにお花には揺るぎない人気があります。プリザーブドフラワーが登場してからは、お花が枯れるという心配もなくなりました。生花には生花の魅力がありますが、やはりプリザーブドフラワーは男女関係なく高い人気を誇っているでしょう。

no.2

お酒なら人と楽しめる

男性なら、やはりお酒が喜ばれるのではないでしょうか。ビールや焼酎を始め、ワインなどは女性でも好きな人が多いです。また、夫婦で晩酌をしたり、我が子が遊びに来た時に楽しんだり出来るのです。一人ではなく誰かと楽しめるという点が重要なのではないでしょうか。

no.3

有名店の極上スイーツ

グルメはもちろん人気なのですが、食事よりもスイーツの方が喜ばれやすいという結果が出ています。洋菓子や和菓子の有名店は多いので、そこのスイーツをプレゼントすれば必ず喜ばれるでしょう。甘いものが好きかどうかには注意しておきます。

no.4

利便性もお洒落も大切

おばあちゃんにはバッグや財布、コサージュなどの装飾品も人気です。持ち歩いたり身につけたりする事が出来れば、子供や孫と離れて暮らしていても身近に感じるのではないでしょうか。また、出かける機会が増えたとの声も寄せられています。

no.5

歩くのが楽しくなる杖

足腰の弱い祖父母には、歩行を助ける杖を贈るのも良いでしょう。歩くのが億劫になってなかなか外出したがらない高齢者は多いですが、プレゼントされた杖なら出かけたくなるはずです。最近では折りたたみも多く、更にはライト付きも一般的となっています。

思い出重視の贈り物

近頃、写真立てを祖父母に贈る人が増えているようです。子供や孫の写真を飾る事が出来ますし、最初から写真を入れておくのも良い方法だと言えます。グルメやスイーツも喜ばれますが、思い出を重視して選ぶのも大切なのではないでしょうか。

カタログギフトの使い方を知ろう

コース選びからスタート

まずは贈り主がギフトのコースを選びます。コースが違えばカタログに掲載されている商品も異なります。家族や友人などの近しい間柄であれば、高いコースを選ぶのも良いでしょう。「のし」はもちろん、すでに作成された「挨拶状」も付ける事が出来ます。

3つが一式となって届く

業者によってパッケージは様々ですが、カタログギフトと挨拶状、そして大切なお申込みハガキがセットとなっています。これが贈り先に届けられ、届いた相手がカタログを見て注文するのです。

ネットでも注文が可能

カタログが届いてから注文するまでに、お申し込みハガキを紛失してしまっても大丈夫です。ネット社会とも言える現代では、インターネットがあれば何でも出来ます。パソコンやスマホからでも注文する事が可能でしょう。敬老の日に贈る場合、ネットに関する知識が薄いお年寄りなら手助けしてあげると良いです。

約2週間はかかります

お申込みハガキやインターネットから注文すると、2週間ほどで届けてくれるでしょう。在庫状況も確認しなくてはならないので、それくらいの日数はどうしてもかかってしまいます。

届いたらメールでお知らせ

贈り先に商品が届き次第、贈り主にはメールなどで知らせるサービスがあります。しっかり届いた事を確認すれば、贈り主も安心するのではないでしょうか。個人情報を守る為、何を注文したかまでは知らせていません。

失敗しない贈り物

プレゼント

選ぶ際に頭を悩ませない

何かプレゼントを贈る際に、どうやって選ぼうか迷う人は少なくありません。家族や友人の誕生日プレゼントを始め、知り合いにお中元やお歳暮を贈る事もあるでしょう。更に、それは毎年のようにやってきます。ネタ切れになってしまう事もあるのではないでしょうか。

相手を困らせない

母の日や父の日、それから敬老の日など、家族が関わっていると特に力を入れてギフトを選びたいですよね。贈り主の趣味を反映してしまうと、貰う側は困ってしまうかもしれません。ですので、カタログギフトが最適でしょう。

確実に欲しい商品をあげる

カタログギフトの場合、カタログの中から好きな商品を選んで貰う事が出来ます。つまり、相手が欲しい商品を確実にプレゼントしてあげられるという意味でもあります。最近では、結婚式の引き出物としてもよく選ばれています。

広告募集中